10月6日(土)から始まります。

 

中央線デザインネットワーク公募企画
第5回「見に行って、つくる」(ミニツク)展

「ミニツク展」は、中央線の各駅近くにある場所に、行って、見て、感じて、つくったモノを展示します。32駅制覇は32年かかる息の永い試みです。第5回は、立川駅近くにある「福永紙工」。紙の加工と印刷を得意とする50年の実績のある工場で、最近では、デザイナーといっしょに「かみの工作所」という活動をはじめたユニークな会社です。参加者は、紙を加工する工場を見に行って、どんなことを考え、どんなモノをつくったのでしょうか。紙から広がるそれぞれのイメージを手にとってもらえるとうれしいです。

※会期中に出展者の投票により「大賞」を決定します。また、来場者の投票による「人気賞」も予定しています。

会場|ORION PAPYRUS(オリオンパピルス) 立川市柴崎町3−2−1 グランデュオ6F
042−548−1711

会期|2012年10月6日(土)~10月22日(月) 会期中無休
10:00~21:00

レセプション|10月21日(日)17:00〜19:0
クラウドカフェ  表彰式ならびに交流会 誰でも参加可能 http://www.cloud-cafe.jp/

投票期間|10月6日(土)〜10月20日(土)

参加者|山口 諭、ハマネ洋子、菊田洋次、岩間 航、シブヤミライ堂、佐藤貴士、梶本博司、丸山晶崇、朝川賢一、鳴海暢平、藤原りわ、藤川征輝、梅澤万貴子、宮内賢治、マツナガエイコ、洪 華奈

主催|中央線デザインネットワーク http://www.chub.jp/
協力|福永紙工 かみの工作所 http://www.kaminokousakujo.jp/
オリオン書房 http://www.orionshobo.com/

会場構成|岩間 航  グラフィックデザイン|三星安澄  レセプション|フルタヨウコ  企画|萩原 修  運営|洪 華奈

※ほぼ同時開催
「紙を加工する工場直売店」 かみの工作所 テラダモケイ 10月10日(水)〜10月16日(火) 伊勢丹立川店 2階

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です